Skip to content

2014年度

9月25日に3名の教授に辞令が発布され、正式にプログラムが始まりました。この年はまず9月のつくばグローバルサイエンスウィークにツィンマーマン教授が参加されました。そして2〜3月の2ヶ月間、ワンチュク教授をお迎えし、筑波大学での教育研究活動を行いました。主な活動内容は次の通りです。

9月28日
つくばグローバルサイエンスウィークにてセッション Spiritual and Physical Exercises in Eastern and Western Philosophies 開催(IERLP、哲学•思想専攻)

TGSW2014Session Program
TGSW2014Report by Prof. Yoshinori Tsuzaki (哲学•思想論集 40, 2015 掲載)
20140928_Tsukuba_094

2月9日〜10日
ワンチュク教授集中講義(宗教学IV(2)B、人文社会科学研究科)
Intellectual History and Intellectual Culture of Himalayan Buddhism

2月12〜13日
ワンチュク教授集中講義(宗教学IV演習(2)B、人文社会科学研究科)
Reading a Tibetan Buddhist Text:Rong zom pa’s sBrul nag po’i stong thun

2月15日
Digital Humanities Worldwide「スーパーグローバル大学創成支援」採択事業キックオフ•ワークショップ(人文社会系研究推進室主催、IERLP、筑波大学デジタル•ヒューマニティーズ•リサーチユニット共催)

 

DHProgram
IMG_2240IMG_2244

2月17日、21日
Indo-Tibetan Lexical Resource(ITLR)Workshop(IERLP、大正大学、京都大学共催、於大正大学、京都大学)

2月16〜18日、20日、23日
Workshops on Tantric Buddhism with Dr. Peter Szanto(IERLP、大正大学、京都大学共催、於大正大学、京都大学)

2月24〜26日
Indo-Tibetan Lexical Resource(ITLR)Workshop(IERLP)

3月2〜4日
Workshop on Madhyamaka Buddhism with Dr. Anne MacDonald(IERLP)

3月5〜6日
ICR Symposium: Philosophy across Cultures,, Transmission, Translation and Transformation of Thought (ICR、IERLP)

DSCN2876DSCN2874ICRSymposium.Program
Opening_address_for_Symposium by C. Yoshimizu

これらの活動のため、マルティン•デルハイ博士、オルナ•アルモギ博士(ハンブルク大学)、アン•マクドナルド博士(オーストリア科学アカデミー)、レオナルド•ファン•デア•カイプ教授(ハーバード大学)と国内から複数の研究者を招聘し、ワンチュク教授、筑波大学の教員、大学院生と共に研究成果を報告しあい、議論しました。

Primary Sidebar