Skip to content

後期インド密教文献ワークショップ開催のお知らせ

後期インド密教文献ワークショップ開催のお知らせ published on

IERLPアイザクソン先生(筑波大学・ハンブルク大学)と苫米地等流先生(人文情報学研究所)、野口圭也先生、種村隆元先生(大正大学総合仏教研究所)による後期インド密教ワークショップが開催されます。9月26〜28日(第1部)、9月29〜30日(第2部)の予定です。詳しくは添付のご案内をご覧ください。
Sep.26-30.2018.Workshop

研究成果の発表

研究成果の発表 published on

本学のハルナガ・アイザクソン教授、佐久間秀範教授、志田泰盛准教授がブリティッシュコロンビア大学で開催された、第17回世界サンスクリット学会にて研究成果を発表しました。

日程: 2018年7月9日〜13日
場所: ブリティッシュ・コロンビア大学

ハルナガ・アイザクソン教授
日程: 7月11日(水)
部会: Section 6.1 “Tantra Studies”
題名: “Initiatory Ideals in Tantric Buddhism: Abhayākaragupta on the Initiation of the Superior Student by the Superior Master”

日程: 7月13日(金)
基調講演 for the Special Panel 3 “Binding Liberation: A Roundtable around the Idea of Liberation in Sanskrit Culture”

佐久間秀範教授
日程: 7月12日(木)
部会: 10.4 “Buddhist Studies”
題名: “Was Sthiramati of Valabhī the Same Person as the Commentator Sthiramati?”

志田泰盛准教授
日程: 7月13日(金)
部会: Section 14.14 “Philosophy”
題名: “Editorial Notes on the Ninth Chapter of the Prakaraṇapañcikā


コンフェレンスのお知らせ

コンフェレンスのお知らせ published on

9月24日(月・祝)、25日(火)、筑波大学東京キャンパスにて「経典の成立と編纂」をテーマにコンフェレンスを開催いたします。詳細はファイルをご覧ください。聴講は自由です。皆様のご参加をお待ちしております。
Brochure/ Program

文献学セミナーを開催しました

文献学セミナーを開催しました published on

ハンブルク大学のハルナガ・アイザクソン教授が2/6〜2/20の期間に来日されました。

2/7〜2/9の3日間、筑波大学において「文献学と批判校訂」に関するセミナーを開催しました。(ビデオ会議によるオンライン配信)

2/13〜2/14の2日間、筑波大学において、David博士(EFEO Pondicherry)および斎藤博士(JSPS特別研究員)の参加を得て、“Workshop on Maṇḍana Miśra and Bhartṛhari” を開催しました。

2/16〜2/18の2日間、大正大学における、久間准教授(三重大学)および種村教授(大正大学)が主催するインド密教に関する研究会に参加しました。

ハンブルク大学にて若手研究者仏教学セミナーを開催

ハンブルク大学にて若手研究者仏教学セミナーを開催 published on

2018年1月22,27日、ハンブルク大学において若手研究者中心の仏教学ワークショップを開催し、本学より小坂有弘、横山啓人、近藤隼人、吉水千鶴子が参加し研究発表を行いました。UHH-Tsukuba 2018 Workshop

セミナー開催のお知らせ

セミナー開催のお知らせ published on

考古学・歴史学・古典学の若手研究者による学際セミナー「温故革新」を開催します。

日時: 2017年11月27日(月) 17:30–20:00

会場: 筑波大学人文社会系棟A101

言語: 日本語および英語

本セミナーは、考古学・古典学・歴史学分野間の横の交流と若手研究者のプレゼンテーション力の向上を目的としています。
各分野の若手研究者に現在進行中の研究を中心に、当該分野の背景と方法論も含めて紹介いただきます。
個別の発表後に、意見交換会を予定しています。

参加をご希望の方はフォームより登録をお願いします。
https://goo.gl/kJoPe3

登壇者と発表タイトル:
Sari Jammo(考古学): “Emergence of the First Cemetery: A Study on the Burial Location In the Ancient Near Eastern Societies”
多久 孝一郎(歴史学):「満洲語檔案からみる18世紀の『グレート・ゲーム』:講和期における清朝・ジューンガル関係」
小坂 有弘(古典学):「仏教思想史における顚倒説の変遷」

受賞報告(横山啓人)

受賞報告(横山啓人) published on

本学学生の横山啓人(人文社会科学研究科哲学・思想専攻)が第三回中村元東洋思想文化賞における優秀賞を受賞しました。

第三回中村元東洋思想文化賞授賞式
日程: 2017年10月21日(土)
場所: 由志園(島根県松江市八束町波入1260-2)

つくばグローバルサイエンスウィーク2017(TGSW2017)においてセッションを開催します

つくばグローバルサイエンスウィーク2017(TGSW2017)においてセッションを開催します published on

テーマ: “Digital Humanities: ICT Innovations in Classical Studies”

日時: 2017年9月27日(水) 14:00–17:00

会場: つくば国際会議場 Conference Room 403

言語: 英語

Program:

Part One Presentation Part (Chair: Taisei Shida)
14:05–14:30: Kiyonori Nagasaki “Digital Humanities in Asian Classics”
14:30–14:45: Yuta Hashimoto “SMART-GS: Image Processing Technology Meets Humanities”
14:45–15:00: Patrick McAllister “Encoding Sanskrit Texts for Information Retrieval”
15:00–15:15: Orna Almogi “”Scholars and Scribes”: The Approximate Text Alignment Tool”
15:15–15:30: Dorji Wangchuk “The Indo-Tibetan Lexical Resource (ITLR): Progress and Prospects”
15:30–15:45 Intermission

Part Two Demonstration Part
15:45–16:45 Parallel Demonstration in Each Booth
16:45–16:50 Taisei Shida “Closing Remarks”

プログラムはここからダウンロードできます。

研究会のお知らせ

研究会のお知らせ published on

本学にて『量評釈荘厳』知覚章研究会が開催されます。

The research sessions on the pratyakṣa chapter of Prajñākaragupta’s Pramāṇavārttikālaṃkāra
日時: 2017年9月21日〜22日 10時00分〜17時30分
場所: 筑波大学 共同研究棟A410(21日) 人文社会学系棟A815(22日)

コーディネーター: 小野基教授(筑波大学)
参加者: ドルジ・ワンチュク教授(筑波大学/ハンブルク大学)
パトリック・マカリスター博士(オーストリア科学アカデミーアジア文化・思想史研究所)
護山真也准教授(信州大学)
オルナ・アルモギ博士(ハンブルク大学)
志田泰盛准教授(筑波大学)
三代舞博士(日本学術振興会)

Primary Sidebar