Skip to content

ミヒャエル・ツィンマーマン先生の集中講義

ミヒャエル・ツィンマーマン先生の集中講義 published on

今年度、本学教授として来日されるミヒャエル・ツィンマーマン先生(Michael Zimmermann, 筑波大学/ハンブルク大学教授)が以下の集中講義を開講されます。
受講をご希望の学生は、期日までにTWINSにて履修登録をしてください。

宗教学Ⅴ演習(1)B (02DBC51)
“Reading Buddhist Sūtra Literature (/ サンスクリット語・チベット語文献の購読)”
テキスト:Longer Sukhāvatīvyūha Sūtra (『無量寿経』)

日程:2月26日(火)〜2月27日(水)
場所:共同研究棟A410
時間:10:10〜18:00

※講義は英語で行います。またサンスクリット語およびチベット語の知識が必要です。
※履修希望者は2月26日(火)までにTWINSで履修申請を行ってください。

ミヒャエル・ツィンマーマン先生の集中講義

ミヒャエル・ツィンマーマン先生の集中講義 published on

今年度、本学教授として来日されるミヒャエル・ツィンマーマン先生(Michael Zimmermann, 筑波大学/ハンブルク大学教授)が以下の集中講義を開講されます。
受講をご希望の学生は、期日までにTWINSにて履修登録をしてください。

宗教学Ⅴ演習(1)A (02DBC50)
“The historical development of the idea of Buddha nature (/ tathāgatagarbha)”

日程:9月4日(火)〜9月5日(水)
場所:共同研究棟A410
時間:10:10〜18:00

※講義は英語で行われます。
※履修希望者は9月4日(火)までにTWINSで履修申請を行ってください。

つくばグローバルサイエンスウィーク2017(TGSW2017)においてセッションを開催します

つくばグローバルサイエンスウィーク2017(TGSW2017)においてセッションを開催します published on

テーマ: “Digital Humanities: ICT Innovations in Classical Studies”

日時: 2017年9月27日(水) 14:00–17:00

会場: つくば国際会議場 Conference Room 403

言語: 英語

Program:

Part One Presentation Part (Chair: Taisei Shida)
14:05–14:30: Kiyonori Nagasaki “Digital Humanities in Asian Classics”
14:30–14:45: Yuta Hashimoto “SMART-GS: Image Processing Technology Meets Humanities”
14:45–15:00: Patrick McAllister “Encoding Sanskrit Texts for Information Retrieval”
15:00–15:15: Orna Almogi “”Scholars and Scribes”: The Approximate Text Alignment Tool”
15:15–15:30: Dorji Wangchuk “The Indo-Tibetan Lexical Resource (ITLR): Progress and Prospects”
15:30–15:45 Intermission

Part Two Demonstration Part
15:45–16:45 Parallel Demonstration in Each Booth
16:45–16:50 Taisei Shida “Closing Remarks”

プログラムはここからダウンロードできます。

ドルジ・ワンチュク先生とオルナ・アルモギ先生の来日決定

ドルジ・ワンチュク先生とオルナ・アルモギ先生の来日決定 published on

ハンブルク大学のドルジ・ワンチュク先生とオルナ・アルモギ先生の来日が9月1日〜10月15日に決定しました。この期間中、筑波大学で教育・研究にあたられるほか、次のシンポジウム等に参加されます。

9月25〜27日 つくばグローバルサイエンスウィーク

またドルジ先生の集中講義の日程は以下の通りです。
9月28〜29日 集中講義(講義)“Cross-Systemic Buddhist Notion of the Middle Way”
10月5〜6日 集中講義(演習)“Passages from Rong zom pa’s Commentary on the Mañjuśrīnāmasaṃgīti”

詳細は追ってお知らせいたします。

ヴェーダ語文献講読の授業

ヴェーダ語文献講読の授業 published on

今月の27日(月)と28日(火)の2日間、大阪大学より堂山英次郎先生をお呼びして、
ヴェーダ語文献の概説および講読の集中講義を開講します。
受講を希望される学生は、各自2月27日(月)までにTWINSにて履修登録をしてください。

比較思想学 II 演習(4)B(02DBM44)
(ヴェーダ語文献の概説および講読)

堂山 英次郎 先生
(大阪大学大学院文学研究科 准教授)

日程: 2 月 27 日(月)~ 2 月 28 日(火)
場所: 人文・社会学系棟 A206
時間: 10:10~18:00

※ 予備知識は不要。但し、サンスクリット語文法を習得していることが望ましい。
※ 参加者には事前に資料を配布する予定。
※ 履修希望者は、2月27日(月)までに TWINS で履修申請を行って下さい。

授業概要(予定)
2 月 27 日
サンスクリット語(ヴェーダ語),ヴェーダ文献の概説
リヴヴェーダ概説、リグヴェーダ読解
2 月 28 日
リグヴェーダ概説・読解

Primary Sidebar