Skip to content

研究成果の発表

研究成果の発表 published on

本学の吉水、近藤、小坂、横山、永井の論文が『印度学仏教学研究』第68号に掲載されました。

Yoshimizu Chizuko. 2020. ‘‘Updating Prāsaṅgika and prasaṅga.’’ Journal of Indian and Buddhist Studies 68 (3): 1193(87)-1199(93).
Kondō Hayato. 2020. ‘‘Expanding Mind: Conflict Concerning Transmigration in the Pātañjalayogaśāstra.’’ Journal of Indian and Buddhist Studies 68 (3): 1129(23)-1134(28).
小坂有弘 2020「空性の教えを聞く条件―チャンドラキールティの信解説―」『印度学仏教学研究』68 (2): 972(135)-968(139).
Yokoyama Akito. 2020. ‘‘Prajñākaragupta’s Criticism of Theory of Whole (avayavin).’’ Journal of Indian and Buddhist Studies 68 (3): 1232(126)-1236(130).
永井悠斗 2020「プラーナ文献と仏教文献における「マガ」の記述の相違」『印度学仏教学研究』68 (2): 1088(19)-1085(22).

また、近藤助教の論文が『哲学・思想論集』第45号に掲載されました。

近藤隼人 2020「チベット仏教学説綱要書に伝わるサーンキヤ思想―チャパ・チューキセンゲ『仏教説と外教説の弁別』サーンキヤ章解読研究―」『哲学・思想論集』45: 104(147)-47(204).

永井の論文および小坂・横山の翻訳が『宗教学・比較思想学論集』第20号に掲載されました。

永井悠斗 2019「インド文献に現れる宗教者「マガ」―先行研究と関連文献の整理―」『宗教学・比較思想学論集』20: 39-58.
小坂有弘・横山啓人(共訳)2019「ハルナガ・アイザクソン「文献学とテキスト批判」和訳」『宗教学・比較思想学論集』20: 69-77.

志田の論文が『哲學』71号に掲載されました。

志田泰盛 2020「古典インドにおける空華の非実在性」『哲學』71号: 80–95.

Primary Sidebar