Skip to content

サンスクリット語文献講読の授業

サンスクリット語文献講読の授業 published on

9月19日(火)と20日(水)の2日間、信州大学より護山真也先生をお呼びして、
サンスクリット語講読の集中講義を開講します。
受講を希望される学生は、各自9月19日(火)までにTWINSにて履修登録をしてください。

比較思想学 IV 演習(5)A(02DBQ50)
(サンスクリット語文献の講読)

Prajñākaragupta on Yogic Perception and Liberation:
The Reading of the Pramāṇavārttikālaṅkārabhāṣya ad Pramāṇavārttika III 281-286

護山 真也 先生
(信州大学 准教授)

日程: 9 月 19 日(火)~ 9 月 20 日(水)
場所: 共同研究棟 A410
時間: 10:10~18:00

※ 講義は英語及び日本語で行います。サンスクリット語及び古典チベット語を習得していることが望ましいですが、未修者でも受講できます。
※ Sāṅkṛtyāyana edition pp.326.21-327.34を解説した後、pp.328.1-329.20を読みます。暫定的なテキスト(チベット語訳、ラヴィグプタ注、ジャヤンタ注、ヤマーリ注のテキストを含む)は事前に配布します。事前予習を希望する学生は志田(shida.taisei.fw [at] u.tsukuba.ac.jp)までご連絡ください。
※ 履修希望者は、9月19日(火)までに TWINS で履修申請を行って下さい。

Primary Sidebar